Kith for Martin Luther King Jr. MONDAY PROGRAM™

-1
-2
-3
-4
-5
-6
-7
-8

Kithは、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の功績に敬意を表し、彼の誕生日を祝うアメリカの連邦休日の制定35周年を記念して新たなパートナーシップを結びます。彼のこれまでの功績を称え、今回の企画の収益は全て彼が遺した継続的な活動と、重要な人道的活動を支援する資金になります。

キング牧師が遺した非常に大きな影響を称賛し、彼の歴史的なリーダーシップと今もなお続く彼の影響力をデザインとして取り入れ、1963年のワシントン大行進※のグラフィックや、ザ・ニューヨーカー誌のアーカイブの表紙カバーをグラフィックに用いています。

Tシャツとフーディーのスタイルは、60年前のワシントン大行進の際の象徴的な新聞の見出しをオールオーバープリントのグラフィックで表現することで、キング牧師が率いた革命の始まりを強調しています。

新たに長袖のクルーネック、ブラックとホワイトのTシャツ、フーディーの3つのスタイルが追加され、ザ・ニューヨーカー誌とコラボレーションしたグラフィックは、キング牧師が遺したメッセージを表現する2つの象徴的なアーカイブの表紙カバーがスクリーンプリントされています。これらのカバーはそれぞれ、1999年にエドワード・ソレルがデザインしたものと、2020年にダイアナ・エジャイタがデザインしたものです。

インタビュー映像の会話の中で、マーティン・ルーサー・キング3世がアトランタでKithのマーロン・ベック2世と合流し、現代の若者が最前線に立って世の中をより良いものへ変えていく活動をする中で、キング牧師が遺した功績をどのように活かせるかということに焦点を当てたディスカッションを行いました。この会話はKith.comとKithのSNS等でも見ることができます。「社会活動を行う現代のリーダーであるマーティン・ルーサー・キング3世と一緒に過ごすということは、私にとって非常に貴重な機会です」とKithのシニアプロジェクトマネージャーであるベックは言います。「私自身が、若い世代のアフリカ系アメリカ人として、偉大なマーティン・ルーサー・キング・ジュニアに直接敬意を表した今回のコレクションに携われたことを誇りに思います。」

1963年8月28日に、アメリカ合衆国のワシントンD.C. で行われた人種差別撤廃を求めるデモ

 

Kith for Martin Luther King Jr. MONDAY PROGRAM™は日本時間の1月18日(月)にKith Tokyoで発売されます。 

今回の収益の50%はマーティン・ルーサー・キング3世のドラムメジャー研究所(www.drummajorinst.org)に寄付され、残りの50%は以下組織に均等に振り分けられます。

Youth Direct Action Fund (YDAF)

https://strikewithus.org

March For Our Lives

https://marchforourlives.com/

Do Something

https://www.dosomething.org/us

Alliance for Youth Action

https://allianceforyouthaction.org/