Shopping Cart

Love Thy Community Presents Lloyd's Carrot Cake

 

Lloyd's Carrot Cakeをフィーチャーした “Love Thy Community”。KithはVault by Vansと共に、BronxとEast Harlemにある有名なケーキショップのストーリーを伝えるべく、Lilka & Brandon Adamsとコラボレーションいたしました。
1986年に故Lloyd Adamsによって創業されたこの店は、ニューヨークで定番のケーキショップとして有名になりました。2007年にLloydが亡くなった後、妻のBettyが店を受け継ぎ、現在は彼らの子供たちがお店の未来を担っています。私たちは、LilkaとBrandonに彼らのプロセスや哲学、このパートナーシップについて話を聞いてきました。インタビューの全文は、本ページをスクロールしてご覧いただけます。Vault by Vans for Lloyd's Carrot Cakeのカプセルコレクションは、今週土曜日、lloydscarrotcake.comにて発売いたします。

Lloyd's Carrot Cakeは1986年の創業以来ずっと、近隣の人々に愛され続けています。長い年月ですよね。お店のビジネスが成功し続けている秘訣はなんですか?

Lloyd’sが成功し続けている最大の理由は、お客さまとの家族のような関係性にあると思います。私たちの両親はとても協力的で、Lloyd’sでの経験が思い出深く楽しいものになるよう、一生懸命に働いていました。お客さまは、両親が1日の中でスポーツの話をしたり、何かアドバイスをしたり、ただ耳を傾けるだけでも喜んでくださったようです。最初は商品への愛だったものが、最終的には両親への愛に変わり、自然とお客さまはLloyd’sを日常的に応援したいと思っていただけるようになりました。

もう1つ、私たちが成長を続けるために重要なのは商品の一貫性です。私たちは、父が創業した当時と同じ品質、味、新鮮さを保ち続けています。最初から同じレシピで、同じ天然素材を使用しているのです!

なぜ、あなた方がご両親の意志を引き継ぐことがそんなに重要なのでしょうか?

彼らの物語は、私たちの物語です。私たちの両親は、何十年にもわたり繁栄するビジネスを構築するために多くの犠牲を払いましたが、その過程を直接知ることができたのは幸せなことでした。
父はヴァージン諸島のセント・トーマスから、母はコスタリカのリモンから、それぞれニューヨークに移住してきました。父が生み出し、母が発展させ続けた商品が、このように成長していくのを見るのは、私たちにとって大きな誇りです。この物語は、私たちがこれからも世界に発信続けていくものなのです。

あなたのケーキが世界中を旅していることは知っています! それは大変な快挙ですよね。Lloyd’sはいつから 全国配送を開始したのですか?

私たちのケーキが世界中を旅しているのは、私たちのショップを訪れてお菓子を購入して、大切な人に持って帰りたいという熱心なお客さまのおかげだと、とても誇らしく思っています。これまで私たちのケーキは、ロンドン、パリ、中国、アフガニスタン、スペイン、プエルトリコ、イタリアなど、世界各地を旅してきました。母はいつも「地図を買ってきて、Lloyd’sが上陸したことのあるところにピンを立てたい」と言っていました。

2020年には、第三者機関のパートナー “Goldbelly”による全国発送を開始しました!

Lloyd’sのキャロットケーキの特徴は?

風味、新鮮さ、しっとり感こそが、私たちの商品を際立たせています。キャロットケーキはすりおろしたばかりのニンジンを使用しているので、独特の食感と風味があり、誰もが好む味です。私自身、(偏見かもしれませんが)こんなに風味豊かなキャロットケーキは食べたことがありません。また探してみた限り、キャロットケーキを専門に扱い、私たちのように全て一から作っているお店は他にありません。ニンジンを切るところから、クリームを作るところまで、その工程はまさに歌とダンスのようで、私たちはそれを完璧だと自負しています。

 Tシャツのデザインは、どのようなところから着想を得たのでしょうか?

私たちの旗艦店はLloyd’sを象徴する場所なので、80年代の開店直後に父が撮ったポラロイドからインスピレーションを得ました。Lloyd’sのアイコニックなロゴと “Carrot Man”は、私たちのビジネスを象徴しているだけでなく、小さな事業からどれだけのことが成し遂げられるか、ということを表しています。どのように仕上がっているか、とても楽しみです!

スニーカーについて詳しく教えてください。様々なニンジンの遊びが施されていることに気付きました。これにはどんな意味が隠されているのでしょうか。また手にした人々がこの靴の随所に見つけられるであろう、楽しい工夫はなんですか?

スニーカーを通して、私たち家族の物語を伝えることが重要でした。ニンジンのグラフィックは、それぞれLloyd’sのロゴを異なる表現で施しています。1つはクラシックなニンジンのロゴ、2つ目は(おそらく焼きたてのケーキを見て)ニンジンが唇をなめているバージョン、3つ目はエプロンをして泡立て器を手にしたもので、これは私たちの母親を表しています。最後は、バスケットボールをドリブルしているもので、これは私たちの父親を象徴しています。父はパン屋になる前、ニューヨークでバスケットボールをしていました。彼は ウィスコンシン大学とロードアイランド大学で奨学金を得てプレーし、1972年にはドラフトでBaltimore Bulletsに指名されたこともあります。大学卒業後もバスケットボールは彼の人生において大きな役割を果たしました。友人たちとバスケットボールをした後彼の家に行き、Knicksの試合を観戦し、そして友人のリクエストに応えてLloydが美味しいケーキを作る。その時、父はこれをビジネスにできると悟ったのです。

それぞれの靴は、私たちの両親へのオマージュです。左のシューズは、バックヒールタブにバスケットボールのニンジンが描かれ、VANSのタグの内側に父の名前が書かれています。右のシューズは私たちの母に捧げたもので、エプロンをつけたニンジンのロゴと、Vansのタグの内側に母の名前が書かれています。ニンジンの絵は、父が亡くなり事業を引き継いだ彼女が厨房で行ってきた仕事への頌歌です。彼女は、Time Warner Cableのマーケティング・ディレクターとしてのキャリアを捨て、Lloyd’s Carrot Cakeをかつてない高みへと導くために自分の時間を捧げました。

このコラボレーションは、お2人にとってどんな意味をもつのでしょうか?ご両親はどう感じると思いますか?

KithとVansとの今回のコラボレーションは、最高にスペシャルなものです! KithとVansの双方が、街中に成功の音を響かせながら成長するブラック系の小さな企業のストーリーを広げるための機会を提供してくれたことに、とても感謝しています。私たちの両親は、自分たちがゼロから築き上げたブランドの功績がTシャツとスニーカーという形になったということを知ったらとても喜んでくれたでしょうし、とても光栄に思うでしょう。まさに “Icing on the cake!(ケーキの上のクリーム)”、さらなる喜びですね!

最後に、Lloyd’s Carrot Cakeの店舗はどこにありますか?

私たちの旗艦店はBronxの6087 Broadwayに、Manhattan店はEast Harlemの1553 Lexington Avenueにあります。Goldbellyで全国発送を行っており、Instagramのアカウントは@lloydscarrotcake です!

Related Content

Ronnie Fieg's Journal - Kith Beverly Hills

Ronnie Fieg's Journal - Kith Beverly Hills

Treats Lunar New Year

Treats Lunar New Year

1/16・1/23 のMonday Program™について

1/16・1/23 のMonday Program™について

1/17(火) 営業休止のお知らせ

1/17(火) 営業休止のお知らせ

Kith for Otakara Oxford Apollo Shirt Monday Program™

Kith for Otakara Oxford Apollo Shirt Monday Program™